top of page

なぜこどもたちに失敗のチャンスを提供するのか

Hour of Codeは、すべての発明セッションに遊び心のある失敗を提供しています!

By Ayah Bdeir, Founder at littleBits


誰でも、どこでも、Hour of Codeのイベントを開催することができます。今年、Cord.orgのパートナーとしてlittleBitsはフェスティビティーの一環として、学生と一緒に使用するフィジカルコンピューティングキットを探している25教室に、Code Kitを寄付しました。しかし私たちはもっと協力したいと思っています。


それで、私たちが知っているベストな方法でコーディングを行う準備を進めています。では説明しましょう。


Girls Who Codeを設立したReshma Saujaniiは、次のように述べています:「私たちは完璧を超える勇気にフォーカスする必要があります。」これはlittleBitsとしては非常に共感します。こどもたちは将来、社会的、経済的、環境的にたくさんの深刻な問題の世界を生き抜かなければなりません。この不確かな未来を生き抜く準備のために、ライフスキルのツールキットとしてSTEMスキルを追加する必要があります。しかし、現在多くのこどもたちは学校でSTEMの基礎すら学ぶ機会がありません。


将来に備えて、こどもたちが準備するベストな方法は、彼らが生きたいと思う世界を発明するような大胆な創造力を与えることです。彼らに馴染みのない状況を受け入れるようなサポートが必要です。Hour of Codeは無制限でそのようなスキルを与えることができます!

“learning through making” movementを設立したProfessor Seymour Papertはこう述べています:「私たちは特段準備していない局面に立ち向かったときにどのように対応するかを知っている人間を育てなければなりません。」


つまり私たちは失敗の仕方をこどもたちに教える必要があります。

遊び心のある失敗の大切さ

2016年より、littleBitsは「遊び心のある失敗」というアイディアを広め始めています。私たちはそのアイディアをハードな方法で見つけました。


私たちのDroid Inventor Kitの開発の非常に早い段階でのユーザーテスト中に、何人かのこどもたちがプレイのプロセスの際につまずいていることに気付きました。彼らは失敗をしたときにフラストレーションを感じ、泣き出すこともあるかもしれません。しかしそれは驚くだけではなくとても一般的なことでした。これは私たちにとって大きな発見であり、このとき何が起きているのかを分析し始めました。



外部の傾向を理解するために最初のリサーチのあと、私たちはユーザーテストに戻り、なぜ、どのようにしてつまずきが発生したのかを追及しました。こどもたちは日常生活で失敗する機会がないので、失敗を恐れていることがわかり、親はこの不安を悪化させる傾向があるため、こどもたちは失敗したときに自分のせいだと考えることがわかりました。




最終的に、こどもたちが発明や試行錯誤の途中にいることを自身で理解していないことに気付きました。正し