先生たちがSTEMに気合を入れている理由

データによると、教科書や授業計画はSTEMには効果的ではありません


By ad min, at littleBits



こどもたちが科学、技術、エンジニアリング、数学(STEM)を学ぶための唯一の方法はありません。過去には、教科書を使っての講義が一般的な方法でしたが、最近の研究は、実践的学習がこどもたちにSTEMトピックをカバーするための素晴らしい方法であることを示唆しています。



ワークシートやテストはこどもたちが何を学んだか確認することができますが、それらは積極的に授業テーマを教えることはできません。テストを共通化し、学習到達度を測定すると、学生たちがどのようにして学習しその内容を保持するかを無視する結果となります。このような方法で指導法や評価方法が一本化されたとき、どうしたらこどもたちはユニークなアイディアを思いつくことができるでしょうか?


ワークシートがあまり効果的ではないと証明できる理由はいくつかあります:


littleBitsの最近のリサーチによると、テキストベースの学習(ワークブックなどを使用)は、STEMの概念を教えるためには約40%しか効果がありません。実践的学習ではほぼ70%まで到達します。




先生や保護者がこどもたちと協力してモノを作ったり組み立てるとき、情報量ははるかに深いレベルにとどまる傾向があります。新しい情報を吸収する時間とスペースを与えると、こどもたちはさらに学習経験を「所有する」ことができ、やる気を引き出すことになります。


一枚のプリントはあまり人格的ではありませんが、「経験すること」はこどもたちが忘れにくい体験となります。


初等教育におけるSTEMの現状に興味はありませんか?こちらをクリックしてlittleBitsからの新しいレポートをダウンロードしてください。

タグ:

最新記事