top of page

先生たちはSTEAM教育になにを望んでいるのか?【ASU GSV 2019のトークイベントで話したこと】

By Allie VanNest


ASU GSVとは、世界有数の教育と労働についてのイノベーションサミットです。今年のイベントはカリフォルニア州サンディエゴで開催され、4,700人以上の教育関係者、起業家、投資家が集まりました。


littleBitsの創設者でもありCEOのAyah Bdeirも参加しました。Landiet、Syndio、Flockjay、Vantage Pointなどのリーダーと一緒に、女の子のための良い学習例を提供することについてパネルディスカッションをしました。また、スタートアップ企業がどのように「equality」と「empowerment」を生み出しているかを詳しく説明しました。



Snap the Gap: 私たちのミッションを実行に移す


littleBitsでは、製品開発のプロセスの最前線に常に「equality」と「empowerment」があります。それはなぜでしょう?


今日、アメリカの科学や工学に携わる84%は白人またはアジア系男性です。しかし信じられないかもしれませんが、小さいころは男の子と女の子は運動場で平等な競争が始められています。高校でも標準化されたテストで同じように評価されます。それでも、小学4年生になるまでにSTEMに対する女の子の関心は低下し始めるのです。


おもちゃ屋さんを見てみると、いまだに青い棚とピンクの棚におもちゃが分けられています。性別によるおもちゃの分離は、こどもたちがそれらに興味を持っているおもちゃで遊ぶことを妨げるだけでなく、女の子は創造性と共感を促すおもちゃで遊ぶべきだ、そして男の子は伝統的にSTEMと関連した空間推論スキルを築くのを助けるおもちゃで遊ぶべきだというメッセージを暗示しています。


littleBitsは、社会がこどもたちに「男の子、女の子はこうであるべき」という概念を与えていることに関係なく、女の子が自分たちのパッションに従うことを可能にする製品づくりに意欲的です。私たちは女の子をサブではなくメインの役割に指名しています。彼女たちにモノづくりや発明はとても楽しくワクワクすること、そして世界ではそれを実現可能にする場所があることを伝えるためです。私たちは製品にジェンダー中立性のデザインを求め、男の子と女の子の両方に興味関心を起こさせる発明をサポートしています。



先日、Snap the Gapと呼ばれる新しいプログラムを立ち上げました。これはSTEMの男女格差を埋めることを目的としています。私たちは、女の子により良い学習事例を提供するためには、統計について報告し問題を認める以上の行動を起こす必要があると信じています。そして我々littleBitsは行動を起こしました。


Snap the Gapについての詳細はこちらです。



先生たちがインサイトをアクションに変える方法


先生方は、より良い学習の機会を提供する上で、特に女の子にとって重要な役割を果たしています。アクションに変える一つの方法は、創造性、問題解決