自宅で手軽に実践できる5つのSTEM-tasticなチャレンジ

コーディングからクロマトグラフィーまで、STEAMプロジェクトはこどもたちがあそびを通しての学びをサポートします


あなたはこどもたちが学校でSTEMプロジェクトに取り組むことによって、創造力や問題解決力などの大切なスキルを学ぶことができることを既にご存知でしょう。では、お子さまが自宅でできる楽しいSTEMプロジェクトをやってみて、さらにそれらのスキルを強化しませんか?もちろんこどもたちは個性それぞれですが、自分の興味や能力に関係なく、少なくとも1つの楽しいSTEMアクティビティーを見つけることができると信じています。


以下が自宅でできる、未来のサイエンティスト、エンジニア、チェンジメーカーに贈る5つのSTEMプロジェクトです。



1. コードで考えられるようサポートしましょう。


国語や数学のように、コーディングはこどもたちの将来の仕事のために必要な基本的スキルです。基本をきちんと理解するために、まずは簡単なゲームをしてみましょう。はじめる前にコピー紙が数枚必要です。1枚にのみ宝箱の絵を印刷しておきましょう。宝箱の紙と白紙をテーブルまたは床の上などに並べますーこの時に並べた列にばらつきをつけてみましょう(長い紙の列や空白など)。そしてお互いに宝物はどこにあるか一歩ずつディレクションをしてもらいます。上級編では「北」「西」「東」「南」と方角のワードを練習しましょう。



2. ミニカーが一番速く動く方法を見つけましょう。


物理の原理を理解するためには、実用的な方法が一番分かりやすいです。マッチ箱の車と様々な工作材料(磁石、ストロー、紙、ひもなど)を準備し、それらを水平なテーブルの上に起きます。最も速くテーブルの向こう側に車を移動できる方法をこどもたちに聞いてみましょう。こどもたちはお互いの車を競争させることができます。また、自分の記録を更新するためにタイマーを使っても良いでしょう。



3. バブルボットを組み立てましょう。




こどもたちは最近の色々なことに興味を持っています。STEMの考えでバブルボットをつくって遊んでみましょう。もちろんしゃぼん玉は非常に科学的です。私たちのバブルボットキットをみてみましょう、バーグラフやスライドディマー、マウンティングボードを組み合わせて自分自身でばぶるぼっとをつくることができます。一番のポイント?もちろん発明品で誰が一番大きなしゃぼん玉をつくるかです。



4. おうちの食材でプラスチックをつくりましょう。


牛乳からプラスチックが作れることを知っていますか?きっと知らなかったでしょう、そしてあなたのお子さんも驚くはずです。1940年代に合成プラスチックが一般的になるまでは、カゼインプラスチックがより人気でした。オリジナルプラスチックをつくるためには、牛乳、ホワイトビネガー、入れ物など、既に家にあるものを使います。

5. クロマトグラフィーにアートとサイエンスをつなげましょう。



STEMプロジェクトに(STEAMにするために)「アート」の要素を加え、クリエイティビティーを一気に増やしましょう。クロマトグラフィーは混ざったものを分けるプロセスとして定義されていますが、これが本当にきれいに見えます!このアクティビティーでは、キャンバストートバッグ、マーカー、そして消毒用アルコールを使用して、科学のアート要素を探求します。



あなたのお子さまのお気に入りのSTEM、STEAMプロジェクトはなんですか?FacebookTwitterInstagramでアイディアをシェアしてください!

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square